藤原徹平
スタジオ

Fujiwara Studio

Post Industry
─産業/都市/建築のこれからの姿を考える

Post Industry: Thinking about the Future of Industry, City, and Architecture

産業の隆盛は都市の成り立ちに深く関わります。道のパターンや都市の構造を分析すると、産業計画がそのまま都市の形を決めていることがしばしばあります。
産業が持つ影響力は強烈で、都市の形のみならず、生活や文化やそこに暮らす人々の精神性までもつくられていきます。
そして、産業は都市もつくりますが、時に都市を激しく破壊します。

人間や地域を尊重する持続可能な産業の在り方を、建築から考えていきたいと思います。

The prosperity of industry is closely related with the formation of a city. Analysis of street patterns and urban fabric of a city shows that industrial planning often directly determines the shape of a city.
The influence of industry is so powerful that it creates not only the shape of the city, but also the lifestyle, culture, and even the spirituality of the people living there.
Industry also builds cities, but at times violently destroys them as well.

We would like to think about the future of sustainable industry that respects people and communities from the perspective of architecture.

IMAGE

PROFILE

Teppei
Fujiwara
藤原徹平
associate professor
1975年 横浜生まれ。
横浜国立大学大学院修士課程修了。
2001年より隈研吾建築都市設計事務所、「朝日放送」「ティファニー銀座」「北京・三里屯SOHO」「浅草文化観光センター」「ブザンソン芸術文化センター」「マルセイユ現代美術センター」「V&A at Dundee」など世界20都市以上のプロジェクトを担当。
2009年よりフジワラテッペイアーキテクツラボ代表。
2010年よりNPO法人ドリフターズインターナショナル理事をつとめ、ファッション・建築・ダンス・パフォーマンスなど異文化の融合が生み出す新しいプロジェクトを幾多の都市で実践している。
2012年より横浜国立大学大学院Y-GSA准教授。
等々力の二重円環 写真家:山岸剛
代々木テラス 写真家:大倉英揮
元代々木ポーラスハウス
(仮称)まちなか交流センター