乾久美子
スタジオ

Inui Studio

日常をつくろう小さな風景/わたしたちのインフラを考える

“Little Spaces That Mend Everyday Life: Thinking About Our Infrastructure”

日常はつくろいの行為を必要とするものだと思います。日常があたりまえのものとして充実するために、どのような仕組みが必要なのかを考えたいです。現在において社会インブラと定義されているものに限定する必要はないかと思います。また、全国に展開するような基幹的な規模のものを考えなくてもいいように思います。ある程度のひろがりをもつエリアにおいてインフラとなり、日常を下支えする仕組みを、都市と建築と共に考えていきたいと思います。
スタジオは、人々の自律的な活動や配慮の痕跡である「小さな風景」をリサーチし、その背後に広がるインフラの存在をつきとめるところから始めます。

I think that everyday life needs mending. I would like to explore what kind of mechanisms are needed to enrich our everyday life as a matter of course. There is no need to limit our scope to what is currently defined as social infrastructure. Also, I don’t think we need to go for something on a grand scale, like a nationwide network. Our goal is to think about a system that will become an infrastructure and support everyday life in a relatively expansive area, together with the city and architecture.
The studio will begin by researching “little spaces” that are traces of people’s autonomous activities and considerations, and identifying the infrastructure behind them.

IMAGE

This error message is only visible to WordPress admins
Error: There are no business accounts connected.

PROFILE

撮影:高橋健治
Kumiko
Inui
乾久美子
professor
1969年大阪府生まれ。東京藝術大学美術学部建築科卒業。1996年イエール大学大学院修了後、青木淳建築計画事務所勤務。2000年乾久美子建築設計事務所を設立。2011年〜2016年東京藝術大学美術学部建築科准教授。2016年より横浜国立大学大学院Y-GSA教授。主な受賞に、日本建築学会賞、第13回ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞、グッドデザイン賞金賞等。主な作品に、延岡駅周辺整備プロジェクト/エンクロス、釜石市立唐丹小学校・中学校・児童館、宮島口フェリーターミナル等。
ハウスM 撮影:阿野太一
共愛学園前橋国際大学4号館+Kyoai+Commons 撮影:阿野太一
釜石市唐丹地区小中学校 撮影:阿野太一