西沢立衛
スタジオ

Nishizawa Studio

新しい時代の建築を
めざして

“The Shape of Architecture to Come”

西沢スタジオのテーマは、「新しい時代の建築をめざして」です。提案する内容、規模、敷地、原則としてすべて自由ですが、いくつかの課題テーマ、キーワードを挙げます。
1新しい時代の建築:
私たちの時代にふさわしい建築、新しい時代の価値観を示す建築は、どんな姿をしているでしょうか。建築がその時代の人間の思い、価値観から出てくるということは、ありうるでしょうか。
2人間にふさわしい場所を考える。私たちの住環境を考える:
人間にふさわしい場所、環境とはどんなものなのか、考えてみてください。場所作り、環境作りを考える時に、建築物単体だけの提案は原則としてダメです。建築、庭、道路、広場、界隈、ランドスケープなど全体を考えて、建築と環境が連携し調和した世界を思い描いてください。
3歴史:
地域文化やその地域の人々の暮らし、地域の歴史をよく考えて、それとの歴史的時間的連続性を持ったプロジェクトを提案してください。

The theme of the Nishizawa Studio is “The Shape of Architecture to Come”. Your proposal is basically free from any restrictions about program, size, location and site area, but I suggest several theme and keyword for this studio.

1. The Shape of Architecture to Come:
What are the values of the new age and the new architecture? Can those values be given form?
2. Thinking an Environment for the people / Thinking our Living Environment:
Think about what and how the place and environment for the people should be. When you create new place and environment, you should think about not only building but also whole situation – architecture, garden, street, plaza, neighborhood, landscape and etc.Imagine the world, which have rich harmony between architecture and environment.
3. History:
Thinking about history, culture and everyday life of the city and target area, then consider relation between your project and them.

IMAGE

PROFILE

Ryue
Nishizawa
西沢立衛
professor
1966年 東京都生まれ
1990年 横浜国立大学大学院修士課程修了
1990年 妹島和世建築設計事務所入所
1995年 妹島和世と共にSANAA設立
1997年 西沢立衛建築設計事務所設立
2001年 横浜国立大学大学院助教授
2010年より同大学院Y-GSA教授
1996年 「国際情報科学芸術アカデミーマルチメディア工房*」
2004年 「金沢21世紀美術館*」(2作品とも日本建築学会賞)
2010年 「豊島美術館」ほか作品多数
2004年 ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展金獅子賞
2010年 プリツカー賞受賞
[*は共同設計]
軽井沢千住博美術館 © International Cultural College Foundation All Rights Reserved.
Louvre Lens exterior © Kazuyo Sejima + Ryue Nishizawa / SANAA, Tim Culbert +Celia Imrey / IMREY CULBERT, Catherine Mosbach
豊島美術館 設計:西沢立衛 アート:内藤礼 写真:森川昇